ウメ 二月の梅

ひとえ梅 ウメ 梅 覗き梅

学名:Prumus mume Sieb.et Zucc.
英名: Japanese apricot


岩波新書の「花を旅する」栗田勇著(2001年3月21日刊)を参照しながら、
一年かけて、私も花の文化を考える旅をすることにします。
さて、二月の梅です・・


科名:バラ科サクラ属ウメ亜属
中国(四川省湖北省)原産 落葉小高木
実梅(食用)、花梅
萌芽前の2〜4月に開花、直径2〜2.5センチの5弁花
花色は白か淡紅色
立ち性、しだれ性、難波性、紅筆性、青軸性、
野梅系、緋梅系、豊後系、アンズ系

天然記念物の多くは幹が横倒しになったものが再発根した、
臥龍梅が多く、一株が梅林のように茂る

平凡社大百科事典(中村恒夫)


八重梅
大伴旅人


要約はちょっとワープして、やはり万葉集から始めます。……
天平二年(730年)
大宰府(大陸との窓口)で大伴旅人が梅の宴を開き、
梅花三十二首」として、招かれた客、山上憶良他
仲間の歌が残されている。
この歌は、 王羲之の「蘭亭序」太宗「除夜」などを踏まえている。

(・吉村誠:万葉集検索(データベース)で検索できます
http://yoshi01.kokugo.edu.yamaguchi-u.ac.jp/makoto/
なお、以下のサイトも楽しめます。
たのしい万葉集: 梅を詠んだ歌
サイトは「万葉の想い」 =http://www6.airnet.ne.jp/manyo/index.html

以下 さらに抜書き(栗田勇著)
日本で一番最初に梅が出てくるのは、
懐風藻(751)の葛野王(かどのおほきみ)の五言詩
といわれている。」
「梅に鶯」がでてくる。
「中国の詩のパターンを追って何とか自分のものにしたいという段階の詩」
奈良の貴族階級に、漢詩などと一緒に8世紀頃、梅は文化として入ってきた
中国文化の輸入期の(中国文化の)象徴
万葉では「桜」というが、歌の数では「梅」は118(首)で萩について多い
⇒万葉集の頃には梅が日本化していた」

このあたりを平凡社世界大百科事典で補足すると、

持統朝屈指の教養人葛野王による、
「春の日、鶯梅(おうばい)を翫(はや)す」、
隋の江総という詩人の「梅花落」のパロディ。
梅に鶯の美学の初登場
日本律令国家体制の最高指導者層の文化意識⇒「みやび」を
先進大国の中国の詩文を模倣を通じて形象化することに
製作動機があった。
梅は律令支配の花、都市貴族の花。(斎藤正二)

八重向梅
紀貫之
古今和歌集
百人一首にもとられた有名な歌

長剣梅鉢
「この時代は花といえば桜ではなく、梅だった

松竹梅……格が違う」
⇒ 「他の花が全く咲いていないときに、しかも葉がないのに、
花がぽっぽっと咲いていくのが実に不思議
古びた幹が時を刻んでなんともいえない自然の姿を見せていく」


⇒梅には「霊性を感じさせるところがある」
⇒天神信仰(古来からの民間信仰)
農作物は自然現象に影響される
天神が荒ぶると疫病や暴風雨がやってくる

天神は雷神や雨、川、と結び付けられて、おそれられていた

「天災地異や疫病流行をもたらす怨霊を鎮めようという怨霊信仰が
天神信仰というはっきりした形をとり、
御祭神として菅原道真を敬い、そのことによって災厄を逃れるという信仰になった」
菅原神社は1万数千社もある。
そのシンボルとしての梅の小枝が日本全国に広まった。
(梅の紋章)

中国文化の再流入
鎌倉末から室町時代(中国の宋から元) 渡唐天神
(天神さんが唐に渡って禅宗のえらいお坊さんに学んで 衣鉢を受けて日本に帰ってきた)
中国の文人風で座っていなくて、手に梅の枝を持った姿で定まる
次第に 天神様の話、飛梅の話がポピュラーになった
謡曲、歌舞伎、工芸、あらゆるところに梅が出るようになった

時代物(歌舞伎)「菅原伝授手習鑑」……江戸時代に大当たり
書道の神として寺子屋で祀る
謡曲「鉢木」


松竹梅を「格が違う」と栗田勇さんは言うが、
歳寒三友
(冬の寒さに堪える三種の植物,松,竹,梅)
という言い方もあるようだ。
写真は梅の鉢もの@花の文化園

 
菅原道真

道真の怨霊信仰
「天神信仰と道真は切っても切れない形」

能衣装の「扇面梅文模様
……美しく図案化された梅模様
(豊臣秀吉が長浜城主になったとき、長浜八幡宮に奉納した)
日本独自のものとして評価されている
(この能衣装 文様について検索しましたがよくわかりません。)
あるいは「利休梅」と呼ばれるものであるかどうか(宿題)
(能・狂言の本棚)
http://www.hinoki-shoten.co.jp/noh-kyogen/02.html

光琳梅家紋
光琳作紋(光琳梅)

尾形光琳1658-1716(万冶1-亨保1)
紅白梅図屏風」……
「左は幹と枝が主になっていて全体を描いていない。
右は苔むした幹の根の立ち上がりが見所。
中央に流水文と呼ばれる川の曲水が描かれている。

紅の梅の花はほんの枝先だけに描かれている」

⇒「中国文化とともに入ってきた梅が、
当初都市貴族の文化的シンボルとしてあったところ、
花一輪一輪を味わい、古木の幹を楽しむといった、
日本独自の楽しみ方をされるにいたったということ」
(栗田勇)

光琳梅

光琳梅 by万華鏡さん


静岡県熱海市のMOA MUSEUM OF ART所蔵名品……紅白梅図屏風
MOA 美術館蔵 2004年東京文化財研究所との科学調査により
大きな反響をよんだ尾形光琳筆 国宝「紅白梅図屏風」
(金地の謎)
毎年2月に展示しているという。
MOA 美術館 http://www.moaart.or.jp/

WEB検索:尾形光琳 《紅白梅図屏風》 について
http://cult.jp/kaido/feature/korin.html


尾形光琳 竹梅図屏風(ちくばいずびょうぶ)
東京国立博物館 館蔵品
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/

剣梅鉢

「梅の花三輪」ということわざがありますが、
秘すれば花、その香りと余情が梅の命です
(栗田勇)
補遺 大岡信の折々の歌から

ご紹介

「華麗なる梅花の表現展」
2005年2月19日(土)〜2005年3月21日(月・祝)
茨城県近代美術館 (茨城県水戸市)
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
梅の名所・偕楽園に近い茨城県近代美術館では、梅まつりに合せて「華麗なる梅の表現展」開催。

華麗なる表現」ですか、ふむ……
なおまた、 「梅、竹、蘭、菊」の四花を四君子と称し、
文人の書斎にふさわしい花とされているという、
格調の書斎グッズです……
花札の二月は梅に鶯
http://pine.zero.ad.jp/~zbm24579/

WEBで見られる梅の美術作品:
野村美術館蔵 源氏物語 紅梅図 酒井抱一筆

梅の家紋by気まぐれ工房
lastModified: 2011 、 fiest updated 2005年 4月6日(水)

このページについての蛇足: 初アップ2005年 2月8日(火) ⇒2月9日(水) ⇒和歌や俳句は縦書きで、
スタイルシートでfont-size:20pt;font-family:cursive;(行書体)を指定したのですが、
どういう風に見えているかお聞きしたところ、単なるゴチック体にしか見えないというお話が多いので、
こちらのPCで見えているものを画像にしてみました。

フォントはコントロールパネルからWINDOWSのfontのフォルダーを見ると、
DF行書体、HG行書体、HG祥南行書体など入っていますが、どれであるのか……。
ちなみに、cursiveを辞書で引くと

cur・sive [k:(r)siv] ━━ n., a. 続け書き(の); 草書体.

でもこれはPCで草書ではありえず、行書ですよね? もとからあったのか、年賀状ソフトなどからとり込んだものか、
みかけると、みかちゃんフォントとか、もらってきていますが、
……TTCというのが拡張子です。趣が「微妙に」ちがってきますね。
この場合、どうしても、趣が命な…和歌の世界です。
アマゾンアソシエイト
BOOKSTORE
(花を旅する)




inserted by FC2 system